更年期障害の発生は老化によるところが大きい

更年期障害の発生は老化によって発生するとも言われており、抗酸化作用のあるものが更年期の症状を緩和するとして取り上げられています特に良質なプラセンタは、更年期(ゆらぎ期)障害が軽くなるだけでなく、色々な医療、美容効果があり、さまざまな分野で利用されています。

マルチビタミン剤やコエンザイムQ10などにも、抗酸化作用やアンチエイジング効果があると言われており、更年期の症状に困っている人が利用しています。

ビタミンCにはいろいろな美容効果があるので、更年期障害の緩和につながると言われています。

加齢に応じて脳内物質の分泌や神経伝達の力も少しづつ減っていくのは、自然減であり異常ではありません。

HRTを開始した歳によっては、認知機能に好影響が出ると考えられているので、他にも更年期の症状が出ているケースでは、まず婦人科で診察を受けるとよいでしょう。

ただ、アルツハイマー病などの場合は遺伝的要素が関連している場合もあります。

少しでも不安を感じる時は、総合病院などで脳神経外科の精密検査を受診しておいたほうがよいと思います。

更年期の症状とは、だいたい40歳~55歳に、卵巣の機能が衰えることで閉経が生じその閉経が要因となって女性ホルモンが減少して自律神経の働きが乱れ、頭痛や動悸、不眠やイライラなど、精神的にも肉体的にもツライ状態になってしまいます。

更年期(ゆらぎ期)は誰もが迎えるものです。

時々、更年期になっても特有の症状が出ず、何事もなく生活できる人もいるようですが、ほとんどの方はなにかしら症状が出て困っています。

ストレス過多が原因で、うつ病が増加傾向になるのはご存じかもしれません。

ストレス過多とは別で、更年期でホルモンのバランスが崩れて、それまではおおらかで明るい性格の人が、突然、ネガティブイメージの性格になってしまうというケースも珍しいことではありません。

抗うつ剤のSSRI(SNRI)は、ホットフラッシュ(急な発汗)にも有効で、更年期の症状でうつがひどい方に処方されます。

心理テストをやってみた結果、婦人科から、心療内科、精神科と連携してもらって相互にやりとりして治療してもらう場合もあります。

漢方での更年期障害の治療は昔から行われているものですが、利点としては副作用が少ないこと、と認識されています。

ホルモン療法では効果が期待できない症状にも効き目があるところがあげられています。

ですが、更年期の出方や程度は人によって違うものですので、自分の状態にあった漢方薬を飲まなければ症状が良くなることを期待することはできません。

漢方薬での更年期障害の治療を考えるなら必ず婦人科や専門の漢方医などの診察を受けて、処方された漢方を飲んでください。

カテゴリー: 更年期 | コメントする

更年期症状の漢方薬での治療について

漢方薬で更年期の症状を抑える方法についてです。漢方薬は複数の生薬を集めて作られます。
花や葉、種、実、根、皮などの薬効があるものが使われます。植物以外では動物や鉱物も生薬として使われることがあります。
漢方薬は副作用がなく安全というイメージがありますが、摂取の仕方によっては腹痛、高血圧などの副作用がでるケースがあります。
西洋薬と比較すると漢方の副作用の方がやさしい場合が多いですが、自分の症状や体質にあった漢方薬を適量飲むことが大切です。
その時々で飲んでも良い漢方、飲まない方が良い漢方が存在します。
効き目も長く飲んで効く漢方もありますし、早めに効果を実感できる漢方もあります。
自分の判断で飲まずに、きちんとお医者さんに相談したうえで処方された漢方薬を飲むことが大切です。

カテゴリー: 漢方薬 | タグ: | コメントする